メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
北の至宝

道内の文化財を訪ねて チャシコツ岬上遺跡(斜里) 崖の上に構えた集落 オホーツク文化、激変期 /北海道

 世界自然遺産・知床の玄関口に当たる斜里町ウトロ港に、亀のような形をした岬が突き出している。それが2月、国の史跡に指定されたオホーツク文化の集落跡「チャシコツ岬上(みさきうえ)遺跡」だ。標高55メートルの断崖絶壁の上に、オホーツク人が暮らした31基もの竪穴住居跡がある。真下は海。水場はやや遠く、井戸が掘られた形跡もない。約1200年前、水や食料を手に入れるのも、沖に出るのも不便な岬になぜ集落が造られたのか。海の向こうから近づく「異文化集団」に備え、崖の上に造られたことをうかがわせる。【本間浩昭】

 2013~17年に斜里町立知床博物館による調査が行われた。直下は切り絶った崖で、作業員はベルトに命…

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです