メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「MOMO3号機」2号機との違いは? /北海道

性能変更少なく より確実に改良

 なるほドリ 日本で初めて、民間単独で開発したロケットで宇宙空間到達を目指す大樹町の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズが、30日に「MOMO3号機」を打ち上げると発表したね。1、2号機はうまくいかなかったけれど、どんなところが変わっているのかな?

 記者 2号機の失敗は、姿勢制御用の燃焼器が誤作動し、熱で配管が溶けてガスが漏れ、部品を焼損してエンジンに推進剤(燃料)を供給できなくなったことなどが原因でした。

 そこで燃焼器内の噴射器の設計を見直し、配管のつなぎ方を変えて高温で部品が燃えないようにする改良など…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです