メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「MOMO3号機」2号機との違いは? /北海道

 なるほドリ 日本で初めて、民間単独で開発したロケットで宇宙空間到達を目指す大樹町の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズが、30日に「MOMO3号機」を打ち上げると発表したね。1、2号機はうまくいかなかったけれど、どんなところが変わっているのかな?

 記者 2号機の失敗は、姿勢制御用の燃焼器が誤作動し、熱で配管が溶けてガスが漏れ、部品を焼損してエンジンに推進剤(燃料)を供給できなくなったことなどが原因でした。

 そこで燃焼器内の噴射器の設計を見直し、配管のつなぎ方を変えて高温で部品が燃えないようにする改良などをしました。噴射器の変更に伴い、実際の打ち上げに近い形での「縦吹き燃焼実験」を新たに実施。実際に宇宙に到達するまでと同じ、120秒間の燃焼に成功しています。

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです