メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちら仙台支局!

限定純米吟醸「寒風沢」 離島で伝統の米作り、思い宿る /宮城

 日本酒「浦霞」の醸造元「佐浦」(塩釜市)が醸す純米吟醸酒「寒風沢(さぶさわ)」。先輩記者からプレゼントされたのをきっかけに、チャンスがあれば購入している。さわやかな香りと酸味に酒が進む。この味わいを作り出すのは、どんな米か? 同市浦戸の離島・寒風沢島を訪れた。【本橋敦子】

 松島湾に浮かぶ風光明媚(めいび)な寒風沢島。塩釜港から船で40分ほどで到着した。島は伊達藩が江戸に大量の米を輸送する際の港として栄えた。江戸時代後期に日本人で初めて世界一周をした船乗りの津太夫と左平の出身地でもある。島の広さは150ヘクタールほど。穏やかな海を臨む漁村に現在は島民約90人が暮らす。

 寒風沢島は塩釜市内で唯一、代々の米作りが続いている。島内の水田の総面積は約20ヘクタール。かつては…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです