メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

プレゼント

 ■小池賢治ヴァイオリン・ワークス6

     21日14時、銀座王子ホール(中央区・銀座駅)。バイオリン=小池賢治=写真右、ピアノ=小池すみれ=同左、チェロ=松岡陽平。バイオリニストの小池賢治は2017年3月に39年間在籍した東京都交響楽団を定年退団し、現在はフリーでソロ公演などに出演している。今回は、妻でピアニストの小池すみれ、チェロ奏者の松岡陽平と協演し、曲目はシューマン「ピアノ三重奏曲 第1番ニ短調」ほか。全席自由3500円(当日4000円)▼公演に3組6人を招待 はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢を明記し、〒105-0001東京都港区虎ノ門1の21の10グランスイート虎ノ門702、ミリオンコンサート協会「小池賢治ヴァイオリン・ワークス6」毎日係。17日必着。提供元が抽選、郵送。個人情報は商品発送のみに使用。発送をもって当選発表に代える。03・3501・5638

     ■ウィーン少年合唱団

     5月1日14時、板橋区立文化会館大ホール(板橋区・大山駅)。世界的にも人気が高い「ウィーン少年合唱団」の公演。曲目はウェルナー「野ばら」や水野良樹「YELL」など。天皇陛下が詠んだ琉歌(沖縄の歌)に皇后さまが曲をつけた「歌声の響」も合唱し、新天皇即位日の祝賀ムードを盛り上げる。A席5300円。4歳以下の子どもは入場不可。03・3579・5666

     ■第18回みなとみらいアイメイトチャリティーコンサート

     5月2日13時半、横浜みなとみらいホール大ホール(横浜市西区・みなとみらい駅)。盲導犬の理解を深めるために毎年開かれている。収益は全額寄付され、盲導犬の育成や視覚障害者の支援に役立てる。古川展生(東京都交響楽団の首席奏者)ら著名なチェロ奏者8人が協演する。曲目はロッシーニ「ウィリアム・テル序曲」ほか。B席3000円、C席2500円。未就学児入場不可。045・543・5271(平田)

     ■「魂の津軽三味線~高橋竹童」

     5月11日14時、めぐろパーシモンホール小ホール(目黒区・都立大学駅)。津軽三味線演奏家の高橋竹童は、大家・初代高橋竹山の最後の内弟子。竹山の全国公演に同行して技術を磨いた。竹童の演奏は音楽性と叙情性が豊かで、美しい音色は師の竹山譲りとの定評もある。曲目は「津軽じょんがら節」「津軽あいや節」ほか。全席指定3800円(当日4000円)。未就学児入場不可。045・243・9999

     ■東京交響楽団 名曲全集 第146回-白熱のロシアン・プログラム

     5月12日14時、カルッツかわさき(川崎市川崎区・JR、京急川崎駅)。指揮=飯森範親、バリトン=ビタリ・ユシュマノフ、合唱=東響コーラス、児童合唱=川崎市立坂戸小学校合唱団。同楽団正指揮者の飯森範親と日本を拠点とするロシア人バリトン歌手のビタリ・ユシュマノフらが協演する。曲目はカリンニコフ「交響曲 第1番」やムソルグスキー「はげ山の一夜」、チャイコフスキー「1812年」など。S席6000円、A席5000円、B席4000円、C席3000円。未就学児入場不可。044・520・1511(平日10~18時)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
    2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
    3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
    4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
    5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです