メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」 来月スタートで自治体も祝福 婚姻届増期待し臨時窓口 1日生まれに記念グッズも /静岡

 新元号「令和」がスタートする5月1日。祝日と大安が重なるのにあやかって、新たな時代の始まりと、人生の門出を迎えた人や赤ちゃんの誕生を同時に祝おうと、県内の自治体は記念サービスの準備を進めている。【大谷和佳子】

 吉田町では土日と祝日、当直の職員が婚姻届を受け付けるが、5月1日は通常より増えると予想されるため町民課に臨時窓口を設置。写真をプリントできるインスタントカメラで職員が記念撮影する計画だ。「令和」の文字が入ったクリアファイルや町のゆるキャラ「よし吉」がデザインされた缶バッジも贈る。

 町によると、昨年度の婚姻届の受理件数は294件。通常の土日、祝日は0~3件程度だが、5月1日は5~…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです