新元号

「令和」 来月スタートで自治体も祝福 婚姻届増期待し臨時窓口 1日生まれに記念グッズも /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新元号「令和」がスタートする5月1日。祝日と大安が重なるのにあやかって、新たな時代の始まりと、人生の門出を迎えた人や赤ちゃんの誕生を同時に祝おうと、県内の自治体は記念サービスの準備を進めている。【大谷和佳子】

 吉田町では土日と祝日、当直の職員が婚姻届を受け付けるが、5月1日は通常より増えると予想されるため町民課に臨時窓口を設置。写真をプリントできるインスタントカメラで職員が記念撮影する計画だ。「令和」の文字が入ったクリアファイルや町のゆるキャラ「よし吉」がデザインされた缶バッジも贈る。

 町によると、昨年度の婚姻届の受理件数は294件。通常の土日、祝日は0~3件程度だが、5月1日は5~10件を見込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集