メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良公園バスターミナル

開業 にぎわいの観光「新」拠点 /奈良

奈良公園バスターミナルに次々と来場する観光バス=奈良市登大路町で、稲生陽撮影

 県が奈良市の県庁東側に整備した「奈良公園バスターミナル」が13日、オープンした。施設内には、自分の検索結果を集めたフルカラーの散策マップを作れるコーナーや300人収容のホールなどもあり、市中心部の渋滞緩和効果だけでなく、新たな観光拠点として期待されている。

 施設部分は大半ガラス張りの東西の建物を渡り廊下で結んだ2階建てで、延べ約5900平方メートル。棟をまたぐ屋上には、若草山や奈良公園などが一望できる芝生広場も整備した。バスターミナルとしては予備も含め16台分の乗降場を用意している。店舗部分にはレンタル着物店や飲食店、土産物店など…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです