メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域食堂

孤立化防ぐ 多世代交流の輪広げ 地元主婦らで運営 湯梨浜 /鳥取

手作りの食事を食べる子どもたち=鳥取県湯梨浜町中興寺の交流センター「ゆるりん館」で、阿部絢美撮影

 多世代交流を目的とする「地域食堂」が湯梨浜町で始まった。子供から高齢者まで年齢を問わずに地域住民のコミュニティーの輪を広げるのが狙いで、運営委代表、村上克己さん(72)=同町=は「初めて同士でも顔見知りになって支え合いを深めてほしい」と意気込んでいる。【阿部絢美】

 地域食堂は、「子ども食堂」が共働き世帯や貧困家庭の子供向けであるのに対し、一人暮らしの高齢者まで対象を広げることで地域からの孤立化も防ぐ。地域の居場所づくりとしての取り組みは全国で広がりつつある。

 湯梨浜では「みんなの食堂ゆるりん」と称し、地元主婦らが有志で運営する。食材のほとんども住民からの寄…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです