メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

KIZUNAフェスタ 被災者、和やかな一日 けん玉、シャボン玉、音楽、マジック 倉敷・真備 /岡山

豪雨で被災し、営業再開したうどん店も出店した=岡山県倉敷市真備町川辺で、林田奈々撮影

 西日本豪雨の被災地を盛り上げるイベント「KIZUNAフェスタ」が13日、倉敷市真備町川辺のグリーンパークまびで開かれた。市真備町緑化協会が主催。芝生の広場では子どもたちがけん玉やシャボン玉遊びに興じ、ステージでは住民らが音楽やマジックを披露。お年寄りから小さな子どもまで多くの人が訪れ、和やかなひとときを楽しんだ。

 フェスタは昨年11月に続き2回目。初回は復興を支援しようと開かれたが、今回は被災地の人々にも参加し…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです