メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩ツインシネマ

クラウドファンディング開始 映写機購入へ目標300万円 支配人「応援団になってほしい」 /山口

 映写機の故障で一時休館していた、県北唯一の映画館「萩ツインシネマ」(萩市)が、新しい機器購入のため、インターネット上で寄付を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。必要資金の半額に当たる300万円を目標に、期限の6月28日まで募金への協力を呼び掛ける。【坂野日向子】

     ツインシネマでは2月、停電がきっかけで1台しかない映写機が故障した。修理は不可能で、新規購入には高額な費用がかかるため廃業の危機に追い込まれた。しかし、全国から多くの応援の声が寄せられ、東京の映像機材販売会社からサンプル機の期限付き貸与を受け、営業を再開していた。

     CFの支援コースは一口5000円~50万円の七つ。見返りとして、萩市出身の漫画家・桐木憲一さんが原作の漫画「シャッターガール」シリーズのイラスト入り缶バッジや、映写室の鑑賞ツアー、シアターの貸し切り権などを用意した。CFサイト「Readyfor」内の専用ページ(https://readyfor.jp/projects/twincinema39)で受け付ける。

     支配人の柴田寿美子さん(48)は「小さな市民の力でずっと守ってきた。これを機にツインシネマを知ってもらい、応援団となってほしい」と呼び掛けている。

    〔山口版〕

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです