メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人めぐり

鹿児島大特任教授 牧野暁世さん(38)=鹿児島市 地域表現する色彩収集 /鹿児島

 重厚感のある薩摩切子の濃い紅色や桜島の灰、明るい赤紫のミヤマキリシマ--。鹿児島県内の景観や特産品、動植物の色を調べて記録する「かごんまの色」プロジェクトを鹿児島大の環境色彩学研究会が展開している。地域らしさを伝える「色のものさし」づくりとも言える試みだ。3年かけて138の色を収集した研究会の牧野暁世・同大産学・地域共創センター特任教授(38)に鹿児島らしい色を集める狙いを聞いた。【菅野蘭】

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1089文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです