特集

公文書クライシス

「国民の共有財産」と法でうたわれる公文書。国や自治体での実情を改めて掘り下げるシリーズを掲載します。

特集一覧

公文書クライシス

首相の面談記録「不存在」 御厨貴・東京大客員教授、三木由希子・NPO法人理事長の話

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

記録保存ルールを 政府の公文書管理委員会の初代委員長を務めた御厨(みくりや)貴・東京大客員教授(日本政治史)の話

 首相の意思決定に関わる記録は、それがメモであっても最重要文書として後世に残さなければならない。ところが、官邸は記録を残さなくてもいい「聖域」となっている。近年は首脳外交が増えるなど首相自らが判断する案件も多く、将来の検証に堪える記録を残す必要…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集