メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今も多くの被災者が生活する益城町テクノ仮設団地=熊本県益城町で13日午後0時55分、本社ヘリから上入来尚撮影

 熊本地震から14日で3年になった。現在も自宅を失った7304世帯1万6519人(3月末)が仮設住宅などで仮住まいを続けているが、建築業者不足などで自宅の再建や災害公営住宅(復興住宅)の整備が遅れており、熊本県が目指す来春までの仮設解消は難しい見通しだ。

 熊本地震は2016年4月14日の前震と同16…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです