メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

未到の領域目指す森保監督(その1) 「日本サッカーを強く」

優しさと激しさを併せ持つ。コロンビア戦で選手たちを鼓舞する森保一監督=横浜・日産スタジアムで3月22日、長谷川直亮撮影

 1-0で勝利を告げる笛が神戸の夜空に響く。

 3月26日、サッカー日本代表の国際親善試合、ボリビア戦。国際Aマッチの連敗を2で止める白星に、ピッチ際の森保一(もりやすはじめ)監督(50)は一つ手をたたくと、冷静な表情を崩さず、スタッフらとの握手のためにきびすを返す。そして誰が見ているわけでもないが、律義に四方のスタンドのサポーターに向かって静かに一礼を繰り返した。

 昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会の決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーとの死闘に敗れ、16強止まりだった。そこで、4年後のカタール大会で8強入りを託されたのが森保さんだった。1998年のW杯初出場から岡田武史さん(62)、西野朗さん(64)ら本大会を率いた先達はいるが、ともに監督交代という「緊急登板」。W杯後の新たな船出を日本人指導者が託されるのは、森保さんが初めて。しかも、2020年東…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです