メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

新元号「令和」 変わらぬリスク運任せ=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

=手塚耕一郎撮影

 去る4月1日。国外にいた筆者は、スマートフォンの文字情報で新元号を確認した瞬間に「ドキッ」とした。「れ」で始まる冷たい音韻に、違和感を覚えたのである。だが、異国の街頭を歩きながら、「今の日本では、この外来語っぽい響きが受けるのだろうな」とも考えた。帰国してみると案の定、立場や主義主張を問わず、新元号の語感の評判は良いようだ。

 とはいえ「れいわ」という発音はいかにも日本的ではない。そもそも大和言葉には「れ」で始まる単語は存在…

この記事は有料記事です。

残り1530文字(全文1744文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです