インドネシア大統領選

ジョコ氏、2期目へ優勢 元軍幹部と一騎打ち 17日投開票

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジョコ氏を大歓声で迎える支持者ら=ジャカルタで2019年4月13日、武内彩撮影
ジョコ氏を大歓声で迎える支持者ら=ジャカルタで2019年4月13日、武内彩撮影

 【ジャカルタ武内彩】インドネシアで17日、5年ぶりの大統領選の投開票が行われる。再選を目指すジョコ大統領(57)と元陸軍幹部のプラボウォ氏(67)の一騎打ちで、2014年の前回選と同じ顔ぶれだ。ジョコ氏が優勢を維持するが、変化を求める人々からの支持を背景にプラボウォ氏もじわりと差を詰めてきている。「庶民派」として大きな期待を受けて大統領に就任したジョコ氏にとって、1期目の成果が問われる選挙になる。

 「我々は今日、この国を発展させるために集まった。インドネシアには明るい未来が待っている」

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文948文字)

あわせて読みたい

注目の特集