メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア大統領選

ジョコ氏、2期目へ優勢 元軍幹部と一騎打ち 17日投開票

ジョコ氏を大歓声で迎える支持者ら=ジャカルタで2019年4月13日、武内彩撮影

 【ジャカルタ武内彩】インドネシアで17日、5年ぶりの大統領選の投開票が行われる。再選を目指すジョコ大統領(57)と元陸軍幹部のプラボウォ氏(67)の一騎打ちで、2014年の前回選と同じ顔ぶれだ。ジョコ氏が優勢を維持するが、変化を求める人々からの支持を背景にプラボウォ氏もじわりと差を詰めてきている。「庶民派」として大きな期待を受けて大統領に就任したジョコ氏にとって、1期目の成果が問われる選挙になる。

 「我々は今日、この国を発展させるために集まった。インドネシアには明るい未来が待っている」

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです