メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア大統領選

ジョコ氏、2期目へ優勢 元軍幹部と一騎打ち 17日投開票

ジョコ氏を大歓声で迎える支持者ら=ジャカルタで2019年4月13日、武内彩撮影

 【ジャカルタ武内彩】インドネシアで17日、5年ぶりの大統領選の投開票が行われる。再選を目指すジョコ大統領(57)と元陸軍幹部のプラボウォ氏(67)の一騎打ちで、2014年の前回選と同じ顔ぶれだ。ジョコ氏が優勢を維持するが、変化を求める人々からの支持を背景にプラボウォ氏もじわりと差を詰めてきている。「庶民派」として大きな期待を受けて大統領に就任したジョコ氏にとって、1期目の成果が問われる選挙になる。

 「我々は今日、この国を発展させるために集まった。インドネシアには明るい未来が待っている」

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ビルじいさん」世界最高齢のハシビロコウ死ぬ 伊豆シャボテン動物公園

  2. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 広島に同行した官邸記者が聞きたかった首相の本音 「核のない世界」への決意は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです