メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ大統領選

コメディアン候補、現職圧倒 すでに外遊?仏大統領と会談も 21日投開票

マクロン仏大統領(右から2人目)と会談したゼレンスキー氏(左から2人目)=パリのエリゼ宮で12日、ロイター

 【キエフで大前仁】ウクライナでは大統領選の決選投票(21日投開票)を1週間後に控え、第1回投票で首位に立ったコメディアンのゼレンスキー氏(41)が事前調査で現職のポロシェンコ大統領(53)を圧倒している。腐敗対策や経済改革を十分に進めていないとの不満から高まる既存政治への批判が、ゼレンスキー氏への追い風となり、このまま逃げ切るとの観測が広がる。

 世論調査団体レイティングが11日発表した支持率調査では、ゼレンスキー氏が51%、ポロシェンコ氏が2…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 封鎖の私道バリケード撤去命じる仮処分 長崎地裁、管理会社に

  4. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです