メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

未到の領域目指す森保監督(その2止) 「原石」見逃さない

国際親善試合コロンビア戦で試合中、メモを取る森保さん=横浜・日産スタジアムで3月22日、藤井達也撮影

 

 ◆「見つけてもらった側」の思い

オフト氏、開花予見

 秋の日差しが雲の切れ間から差し込んでいた。2017年11月4日、茨城県龍ケ崎市のサッカー場。観客340人ほどの大学サッカーの試合で、熱心にメモを取る森保一(もりやすはじめ)さん(50)の姿があった。

 東京五輪男子代表監督としての初仕事の場に選んだのは、この日あったJリーグカップ決勝の華々しい舞台ではなく、大学生の視察だった。「できるだけ漏れがないよう幅広く見て選手を吸い上げていきたいから」。試合に足を運び、自分の目で見ることを大切にする。

 そこには、無名のサッカー人生で「見つけてもらった側」だった自らの人生と重なる思いがある。「自分は発掘してもらって今がある。埋もれて終わってしまう原石を、少しでも見つけ出したいという思いが出ているのかな」

この記事は有料記事です。

残り5076文字(全文5427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです