連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

大正製薬 ラジオ広告念頭に「ワシのマーク」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 薬剤師だった石井絹治郎(1888~1943年)が1912(大正元)年、新元号にちなんで名付けた「大正製薬所」を東京・市ケ谷に創業したのが始まり。戦後は「ワシのマーク」=ロゴ=を制定して広告・宣伝に注力し、栄養ドリンク「リポビタンD」など数々のヒット商品を生んだ。

 当時国民病とされたかっけや結核を予防したいという思いから創業を決意。現在は総合感冒薬(風邪薬)として知られる「パブロン」をせき止め薬として27年に発売するなど大衆薬を世に送り出した。石井を支えたのが、上原正吉(1…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集