メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『フェルメールと天才科学者 17世紀オランダの「光と視覚」の革命』

 ◆ローラ・J・スナイダー著、黒木章人訳

 (原書房・4104円)

天才つなぐ“人工の眼”

 同じ年の同じ街に、二人の天才が生まれた。一人は日本でも人気の高い画家、フェルメールだ。もう一人は、微生物を初めて発見した「微生物学の父」、レーウェンフック。歴史と哲学を専門とする著者が、一七世紀のネーデルラント(現在のオランダ)の小都市、デルフトで生きた二人の生涯を詳細にたどりながら、彼らの共通性を探る。

 この二人が知り合いだったという説は繰り返し登場する。一時期は、互いの住まいが、歩いて三分ほどで行き…

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです