メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

内田麻理香・評 『フェルメールと天才科学者 17世紀オランダの「光と視覚」の革命』

 ◆ローラ・J・スナイダー著、黒木章人訳

 (原書房・4104円)

天才つなぐ“人工の眼”

 同じ年の同じ街に、二人の天才が生まれた。一人は日本でも人気の高い画家、フェルメールだ。もう一人は、微生物を初めて発見した「微生物学の父」、レーウェンフック。歴史と哲学を専門とする著者が、一七世紀のネーデルラント(現在のオランダ)の小都市、デルフトで生きた二人の生涯を詳細にたどりながら、彼らの共通性を探る。

 この二人が知り合いだったという説は繰り返し登場する。一時期は、互いの住まいが、歩いて三分ほどで行き…

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1454文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです