メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『ガーンディーの性とナショナリズム 「真理の実験」としての独立運動』=間永次郎・著

 (東京大学出版会・9504円)

これまでのガーンディー論を一新

 インド独立の父・ガーンディー。彼の思想実践の一つに、ブラフマチャリヤというものがある。これは「禁欲」による性欲統制のことだが、ガーンディーはその実践を、インドの独立と連関させて説いた。

 ガーンディーは「独立」を語る際に「スワラージ」という語を使用していた。スワは「自ら」、ラージは「統御」「統治」を意味する。ガーンディーは、自らの肉体や精神の統御とインド独立を一体の存在として認識し、その重要性を主張していた。

 しかし、従来のガーンディー論の中で、彼のブラフマチャリヤの実践が議論の中核を占めることはなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです