メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『ガーンディーの性とナショナリズム 「真理の実験」としての独立運動』=間永次郎・著

 (東京大学出版会・9504円)

これまでのガーンディー論を一新

 インド独立の父・ガーンディー。彼の思想実践の一つに、ブラフマチャリヤというものがある。これは「禁欲」による性欲統制のことだが、ガーンディーはその実践を、インドの独立と連関させて説いた。

 ガーンディーは「独立」を語る際に「スワラージ」という語を使用していた。スワは「自ら」、ラージは「統御」「統治」を意味する。ガーンディーは、自らの肉体や精神の統御とインド独立を一体の存在として認識し、その重要性を主張していた。

 しかし、従来のガーンディー論の中で、彼のブラフマチャリヤの実践が議論の中核を占めることはなかった。…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです