メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島京子・評 『Xと云う患者 龍之介幻想』=デイヴィッド・ピース・著、黒原敏行・訳

 ◆Xと云(い)う患者 龍之介幻想

 (文藝春秋・2592円)

鬼才が現代に蘇らせた芥川の狂気

 『TOKYO YEAR ZERO』や『占領都市』で日本の戦後、占領期の闇を、独特の手法で描き出した鬼才が手掛けるのは、時が大正から昭和に変わった直後に衝撃的な自殺を遂げた文豪、芥川龍之介の闇だ。

 本書には12の短篇が収録されている。それらのすべてが、芥川の作品や日記、評伝などを、大胆にコラージュして創り出された作品であることが目を引く。

 たとえば「糸の後、糸の前」と題された一篇の「こちらは地獄の底の血の池で、ほかの罪人と一しょに、浮い…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです