メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 法大、零封リレー

 東京六大学野球春季リーグ戦が13日、神宮球場で開幕し、1回戦2試合が行われた。2季連続優勝を狙う法大は、三浦(2年・福岡大大濠)が7回1安打8奪三振で無失点と好投し、東大に零封勝ちした。慶大は立大に先勝。先発した高橋佑(4年・川越東)が7回1失点で通算11勝目を挙げた。

東大に三浦8K

 開幕直前に暴力問題で青木監督が4カ月の謹慎処分を受けた法大。主将の福田(4年・大阪桐蔭)は「動揺がないと言えばうそになる」と複雑な心境を明かす。だが、開幕戦のマウ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです