メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

支えを生かす/下 多様性、自ら発信 パラに向け、共に挑む 障害持つリポーター

5人制サッカー日本代表の川村怜選手(左)を取材するNHKの障害者リポーターの三上大進さん=丸山博撮影

 生まれつき指の一部がない左手にノートを乗せ右手でペンを握る。「さっきお母さんに会ったよ。話しかけちゃった」。楽しそうに話を切り出し、選手に取材する三上大進(だいしん)さん(28)は、NHKの障害者リポーターだ。

 真冬並みの寒気に見舞われた3月下旬、東京都内で開かれた視覚障害者を中心とする5人制サッカー(ブラインドサッカー)の国際大会。日本代表の川村怜選手(30)と談笑する姿は、充実感に満ちていた。

 東京都出身の三上さんは大学卒業後、化粧品メーカーで働いていた。「僕の障害は目で見て分かることもあり…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです