メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

「いだてん」と視聴率 高低だけで魅力は語れない

 ネット社会の充実もあり、私たちはさまざまな情報を手にすることができる。

 だが、一部の送り手は多角的とはいえぬ報道に流れてはいないか。受け手は時に、それらを無意識に受け止めてしまいがちだ。

 エンターテインメントの世界の報道にもその傾向がある。テレビに関しては、特定の人気番組のみを称賛する記事が目立つ。一方、低視聴率に苦しむ番組を寄ってたかってたたくことに力を入れているように映ることもある。

 たとえば、放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合)。名手・宮藤…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文728文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです