連載

熊本地震3年

毎日新聞デジタルの「熊本地震3年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

熊本地震3年

仮設解消、遠く 整備遅れ来春困難

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、直接死や震災関連死で273人が亡くなった熊本地震から14日で3年になった。現在も自宅を失った7304世帯1万6519人(3月末)が仮設住宅などで仮住まいを続けているが、建築業者不足などで自宅の再建や災害公営住宅(復興住宅)の整備が遅れており、熊本県が目指す来春までの仮設解消は難しい見通しだ。

 熊本地震は2016年4月14日の前震と同16日の本震で最大震度7を観測。熊本、大分両県で▽家屋倒壊などによる直接死50人▽地震後の避難生活などが原因と市町村が認定した震災関連死218人▽同年6月の豪雨災害で地震との関連が認められた5人--の計273人が犠牲になった。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1147文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集