メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WOWOW連続ドラマ

「坂の途中の家」 家族の闇あぶりだす

 <日曜カルチャー>

 WOWOW連続ドラマ「坂の途中の家」(篠崎絵里子脚本、森ガキ侑大監督)が、27日スタートする。乳児虐待死事件の裁判を通し、家族にひそむ闇をあぶりだす。主演の柴咲コウは「重いテーマですが、現代社会の課題を取り上げることで問題が解消されるきっかけになれば」と話す。【渡辺亮一】

 角田光代の同名心理サスペンス小説が原作。専業主婦の山咲里沙子(柴咲)は夫(田辺誠一)と3歳の娘(松本笑花)と3人で平穏に暮らしていたが、刑事事件の補充裁判員に選ばれたことで、人生の歯車が狂いだす。対象事件は専業主婦の安藤水穂(水野美紀)が生後8カ月の娘を浴槽に落とし、虐待死させたというものだった。公判が進むにつれ、日々の子育てにストレスを感じている里沙子は被告…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです