メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

魂のゆくえ 神から遠く離れて生きてゆく意味は

 絶望のなかに沈み込んだ人を救いだすことは難しい。まして、自分自身が絶望に陥っている人が神の教えを人に伝えるなんて不可能ではないか。そんなこわい問いを静かに観客に訴えかける映画です。

 映画は凍った世界と凍った心から始まります。舞台は、ニューヨーク州北部の小さな町にある、歴史の古い小さな教会。凍った世界の光景を観客に染みこませるかのように、カメラは教会に向かって、ゆっくりと近づいてゆきます。

 中に入ると、牧師のエルンスト・トラーが日記を書いています。そこに書かれた言葉がトラーの声によって、…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです