安倍首相が福島県を視察 大熊町新庁舎の開庁式に出席

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県大熊町役場の新庁舎内で、地元産のお米で作ったおにぎりを食べる安倍晋三首相(左から2人目)=2019年4月14日午後0時39分(代表撮影)
福島県大熊町役場の新庁舎内で、地元産のお米で作ったおにぎりを食べる安倍晋三首相(左から2人目)=2019年4月14日午後0時39分(代表撮影)

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災からの復興状況を確認するため福島県を訪問した。東京電力福島第1原発の立地自治体として初めて10日に避難指示が解除された大熊町大川原地区では町役場新庁舎の開庁式に出席し、地元住民らとも懇談した。

 桜田義孝前五輪担当相が復興を巡る失言で、事実上更迭された直後の福島県訪問になったが、住民らから桜田氏の話題は出なかった。「帰還困難区域で特定復興再生拠点に指定されなかったエリアに住む人は現在も帰還の見通しを…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集