メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相が福島県を視察 大熊町新庁舎の開庁式に出席

福島県大熊町役場の新庁舎内で、地元産のお米で作ったおにぎりを食べる安倍晋三首相(左から2人目)=2019年4月14日午後0時39分(代表撮影)

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災からの復興状況を確認するため福島県を訪問した。東京電力福島第1原発の立地自治体として初めて10日に避難指示が解除された大熊町大川原地区では町役場新庁舎の開庁式に出席し、地元住民らとも懇談した。

 桜田義孝前五輪担当相が復興を巡る失言で、事実上更迭された直後の福島県訪問になったが、住民らから桜田氏の話題は出なかった。「帰還困難区域で特定復興再生拠点に指定されなかったエリアに住む人は現在も帰還の見通しを示されていない。時間軸だけでも示してほしい」という要望に対し、首相は「(帰還が)遅いという気持ちをしっかりと受け止め、町長、町民とよく相談しながら検討したい」と応じた。

 首相はまた、20日に全面再開するサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)で地元の小中高校生らと交流。福島第1原発も2013年9月以来、5年7カ月ぶりに視察し、防護服を着用せずに構内で廃炉作業の進捗(しんちょく)状況を見て回った。

 視察後、首相は「閣僚全員が復興相との基本方針をもう一度胸に刻み、政府一丸となって福島、東北の復興に全力を尽くす」と記者団に語った。20年東京五輪の聖火リレーが同年3月にJヴィレッジからスタートする際、首相自身が出席する意向も示した。【野間口陽】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです