メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙目指す民間ロケット「MOMO3号機」これまでとの違いは? 30日発射予定

MOMO3号機を囲むインターステラテクノロジズの関係者=北海道大樹町で2019年4月12日、鈴木斉撮影

質問なるほドリ

 なるほドリ 日本で初めて、民間単独で開発したロケットで宇宙空間到達を目指す北海道大樹町の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズが、30日に「MOMO3号機」を打ち上げると発表したね。1、2号機はうまくいかなかったけれど、どんなところが変わっているのかな?

 記者 2号機の失敗は、姿勢制御用の燃焼器が誤作動し、熱で配管が溶けてガスが漏れ、部品を焼損してエンジンに推進剤(燃料)を供給できなくなったことなどが原因でした。

 そこで燃焼器内の噴射器の設計を見直し、配管のつなぎ方を変えて高温で部品が燃えないようにする改良など…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです