舞い上がる炎 光と音が威勢よく 岐阜・手力雄神社で「火祭り」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滝花火の下を勇壮に練り歩く男たち=岐阜市蔵前の手力雄神社で、2019年4月13日午後8時15分、沼田亮撮影
滝花火の下を勇壮に練り歩く男たち=岐阜市蔵前の手力雄神社で、2019年4月13日午後8時15分、沼田亮撮影

 花火を仕掛けたみこしを上半身裸の男たちが担いで練り歩く「火祭り」が13日夜、岐阜市蔵前の手力雄(てぢからお)神社であった。火花と爆竹による、光と音が織り成す勇壮な世界に、観客からは大きな歓声が上がった。

 午後7時半ごろ、長さ約20メートルのさおにつるした「滝花火」から大量の火の粉が降り注ぐ中、みこ…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

あわせて読みたい

注目の特集