メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞い上がる炎 光と音が威勢よく 岐阜・手力雄神社で「火祭り」

滝花火の下を勇壮に練り歩く男たち=岐阜市蔵前の手力雄神社で、2019年4月13日午後8時15分、沼田亮撮影

 花火を仕掛けたみこしを上半身裸の男たちが担いで練り歩く「火祭り」が13日夜、岐阜市蔵前の手力雄(てぢからお)神社であった。火花と爆竹による、光と音が織り成す勇壮な世界に、観客からは大きな歓声が上がった。

 午後7時半ごろ、長さ約20メートルのさおにつるした「滝花火」から大量の火の粉が降り注ぐ中、みこ…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです