メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皐月賞、サートゥルナーリアがV 05年ディープインパクト以来無敗で制覇

 中央競馬のクラシック3冠第1戦、第79回皐月賞(G1)は14日、中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝1番人気のサートゥルナーリアが1分58秒1で優勝し、賞金1億1000万円を獲得した。昨年6月のデビュー以来4戦全勝で、2005年のディープインパクト以来、14年ぶりに無敗のままの皐月賞制覇を達成した。クリストフ・ルメール騎手は皐月賞初勝利、角居勝彦調教師は2勝目。

 サートゥルナーリアは馬群のやや前寄りの好位置をリズム良く進み、直線で先行した2頭との激しい競り合いを制した。頭差でヴェロックス。さらに鼻差の3着に、ここまで3戦3勝だったダノンキングリーが入った。

 年明けから1、2レースを走って皐月賞に臨む馬が多い中で、サートゥルナーリアは昨年末のホープフルステークス(G1)優勝以来という異例のレース間隔で臨んだ。さらに、ゴール前の激しいたたき合いは初めて。ルメール騎手は「馬にとって良い経験になった。ダービーでは、もっと強い競馬をするだろう」と、日本ダービー(5月26日・東京競馬場、G1)での2冠目に自信を示した。

 サートゥルナーリアの父は海外を含め短距離のG1で6連勝したロードカナロア、母は日米のオークスを制したシーザリオ。馬主はキャロットファーム。北海道安平町、ノーザンファーム生産。獲得賞金は2億2715万7000円になった。【藤倉聡子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです