メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

若手起用のユーヴェ、SPALに後半逆転負けで今季2敗目…自力優勝を逃す

情報提供:サッカーキング

SPALが逆転勝利 [写真]=Getty Images
 セリエA第32節が13日に行われ、SPALとユヴェントスが対戦した。

 首位を独走しているユヴェントスは、この試合で引き分け以上の結果に終われば自力優勝が決定する。

 先制したのはアウェイのユヴェントス。29分、モイーズ・キーンがジョアン・カンセロの強烈なボールのコースを変えるように足に当てる。これがGKの逆を突き、キーンにとってリーグ戦4試合連続ゴール、代表戦を含めて公式戦6試合連続弾となるゴールでユヴェントスが先制に成功した。

 その後の試合はボールを保持しチャンスを伺うユヴェントスとカウンターから機会を狙うSPALという展開に。SPALはセットプレーやカウンターからユヴェントスゴールを何度も脅かすも、ゴールに結びつけることはできず前半は終了。

 後半にはいるとすぐにSPALが攻勢を強める。前から積極的なプレスを仕掛け、分厚い攻撃からCKを獲得。このCKのボールをボニファーツィが強く叩きつけ、49分にSPALが振り出しに戻す。

 SPALはその後もCKからユヴェントスを脅かす。75分、左サイドのスローインをアンドレア・ぺターニャがヘディングすると、ガブリエレ・モンチーニがこぼれ球に反応。そのままペナルティエリアまで持ち込むと最後はセルジオ・フロッカリがしっかりとシュートを決め逆転に成功した。

 試合はこのまま2-1でタイムアップを迎え、SPALが逆転で勝利した。この結果、今季2敗目を喫したユヴェントスは自力での優勝を逃している。

【スコア】
SPAL 2-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 29分 モイーズ・キーン(ユヴェントス)
1-1 49分 ケヴィン・ボニファーツィ(SPAL)
2-1 75分 セルジオ・フロッカリ(SPAL)

【スターティングメンバー】
SPAL(4-4-2)
ヴィヴィアーノ;ボニファーツィ、チョネク、ヴィカーリ、ファレス;ラッザリ、ミッシローリ、スキアッタレッラ、ムルジャ;フロッカリ(84分 レジニ)、ぺターニャ(88分 アンテヌッチ)

ユヴェントス(4-4-2)
ぺリン;デ・シリオ、バルザーリ(82分 ベルナルデスキ)、ゴッツィ、スピナッツォーラ;クアドラード、ベンタンクール、カスタノス(61分 ニコルッシ)、カンセロ;ディバラ、キーン(70分 マヴィディディ)

【関連記事】
●ユーヴェ戦で得点の22歳ブラジル代表FW、プレミア移籍に近づく?
●ユーヴェ、復帰のC・ロナウドが先制弾も…アヤックスも譲らず第1戦はドロー
●ボローニャのコスタリカ代表DF、アメリカへ…イブラヒモビッチと同僚に
●CL初ゴールから12年…C・ロナウドの得点記録を振り返る
●アーセナル指揮官、今夏退団のラムジーに言及「彼との時間を楽しみたい」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです