メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

宇佐美所属の昇格組デュッセルドルフ、6試合残して1部残留が決定

情報提供:サッカーキング

デュッセルドルフのブンデスリーガ残留が決定 [写真]=Getty Images
 日本代表MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフのブンデスリーガ1部残留が13日に決まった。

 デュッセルドルフはリーグ戦第28節終了時点で11勝4分13敗の勝ち点「37」で10位につけている。今節は14日にホームでバイエルンとの対戦を控えていたが、前日の13日に昇降格プレーオフ圏内16 位のシュトゥットガルトが敗れて勝ち点「21」にとどまり、残り5試合で勝ち点差が「16」となったため、デュッセルドルフは今節のバイエルン戦を含む6試合を残して残留が確定した。

 6シーズンぶりの1部復帰を果たしたデュッセルドルフは、序盤に6連敗するなど厳しい戦いが予想されたが、11月に王者バイエルンと3-3で引き分け、12月には当時首位を快走していたドルトムントに初めて土をつける金星を収めるなど健闘。シーズン後半戦は6勝1分4敗で着実にポイントを積み重ね、残留を勝ち取った。


【関連記事】
復帰戦で同点弾アシスト!…大迫勇也「またピッチに立てたことが幸せ」
ブレーメン地元番記者が語る大迫勇也…復帰へ期待も「不動のレギュラーではない」
ブンデス1部でわずか1得点…宇佐美貴史、今季限りでレンタル終了か
香川真司に“禁断の移籍”浮上?…シャルケとレヴァークーゼンが今夏にオファーか
アーセナルが浅野の処遇に怒り? ハノーファーでの今季の起用はもう無しか

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです