メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

首位バルサ、最下位ウエスカとドロー…主力温存で若手起用もゴール奪えず

情報提供:サッカーキング

バルセロナとウエスカの一戦はドローとなった [写真]=Getty Images
 リーガ・エスパニョーラ第32節が13日に行われ、ウエスカとバルセロナが対戦。0-0のスコアレスで終わった。

 試合序盤はホームのウエスカが押し込む展開に。11分、ウエスカが左CKを獲得し、フアンピがクロスを供給。エセキエル・アビラが頭で合わせるが、わずか左にそれる。

 先制したいバルセロナは16分、ウスマン・デンベレがゴール前でリキ・プッチからのパスを受け取ると体の前に向けてシュート。絶好のチャンスとなったが、GKロベルト・サンタマリアが枠の外に弾く。直後の17分、バルセロナが右CKからジェイソン・ムリージョがヘディングで狙うが、またしてもGKがセーブ。

 34分、アビラがミドルシュートを打つが、枠を大きく外れる。40分にはこぼれ球に反応したエンリク・ガジェゴがペナルティエリア(PA)にドリブルで侵入してシュートを放つが、ゴール右に飛ぶ。前半は互いにゴールを奪えず、スコアレスで折り返す。

 52分、ウエスカに先制のチャンスが訪れる。左サイドの7がクロスを上げると20がPA左からヘディング。相手DFに当たり、こぼれ球にガジェゴが反応するが、GKテア・シュテーゲンが身体を張ってシュートを与えさせない。

 56分、バルセロナが高い位置でボールを奪うと、すぐさまカウンターでゴールに迫る。右サイドに開いたワゲが中に折り返すとデンベレがダイレクトで合わせる。しかし、ゴール左へ飛ぶ。

 流れに乗るバルセロナは57分、前線に上がっていたサミュエル・ユムティティがボールを奪取すると、左サイドに開いたマルコムが受け取る。マルコムは左足を振り抜くが、ポストに弾かれて先制点とはならない。

 バルセロナは67分にフィリペ・コウチーニョを投入するが、その後ゴールを奪えず、0-0のスコアレスドローで試合は終わった。

 この結果、バルセロナは勝ち点「74」で首位。2位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差は暫定的に「12」となっている。一方、ウエスカは勝ち点「25」で最下位に位置している。

【スコア】
ウエスカ 0-0 バルセロナ

【スターティングメンバー】
ウエスカ(4-3-3)
サンタマリア;ガラン、プリード、エチェイタ、ミラモン;M・ゴメス、リベラ、フアンピ(60分 メレロ);フェレイロ(72分 エルナンデス)、ガジェゴ、アビラ(87分 ガジャル)

バルセロナ(3-5-2)
シュテーゲン;ユムティティ、トディボ、ムリージョ;マルコム、プッチ(67分 アルバ)、A・ビダル、アレニャ(80分 アルトゥール)、ワゲ;デンベレ(67分 コウチーニョ)、ボアテング

【関連記事】
●若手起用のユーヴェ、SPALに後半逆転負けで今季2敗目…自力優勝を逃す
●京都、18歳のFW福岡慎平とプロA契約を締結「初心を忘れずに謙虚に」
●フィーゴ、レアルへの禁断の移籍を振り返る…運命を変えた2つの会長選
●トッテナム、大勝でマンC戦へ弾み…ルーカスがハットトリックの大暴れ
●リヴァプールがナイキと年間140億超のユニフォーム契約を締結か

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです