メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

サンチョが2発!…ドルトムント、GKの神セーブで1点差死守し2戦ぶり勝利

情報提供:サッカーキング

2ゴールを挙げたサンチョ(右)[写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
 ブンデスリーガ第29節が13日に行われ、ドルトムントはホームでマインツに2-1で勝利した。

 前節は“デア・クラシカー”でバイエルンに大敗を喫したドルトムント。この試合は立ち上がりからマインツを攻め立てると、18分にジェイド・サンチョがマリオ・ゲッツェのクロスを右足ダイレクトで叩き込み先制点。24分には再びサンチョがトーマス・デラネイの折り返しを左足で合わせ、前半はドルトムントが2点リードで折り返す。

 後半はマインツが攻勢を仕掛け、54分にジャン・パウル・ボエチウスがペナリティエリア手前中央のFKで直接狙ったが、これはGKロマン・ビュルキにセーブされる。63分には、カリム・オニシウォがゴール前で絶好のチャンスを迎えたが、シュートは惜しくも右ポスト直撃。ドルトムントは81分、エリア右に侵入したサンチョの折り返しにマルコ・ロイスが合せてが、これは枠を捉えず。

 マインツは83分、右CKのショートコーナーからオニシウォがクロスに頭で合わせるが、これはGKビュルキに阻まれる。それでも、アレクサンダー・ハックがこぼれ球をダイレクトで叩くと、シュートは相手選手に当たり、ゴール前のロビン・クアイソンが押し込んで1点を返した。87分には左CKからゴール目の前の混戦でアンソニー・ウジャーが再三シュートを放つが、GKビュルキの体を張ったスーパーセーブに阻まれてラインを割れず。

 その後もマインツは猛攻を見せたが、ドルトムントが堅守で1点差を守りきり、2試合ぶりの勝利を収めた。

 次節、ドルトムントは21日にアウェイでフライブルクと、マインツは20日にホームでMF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 2-1 マインツ

【得点者】
1-0 18分 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
2-0 24分 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
2-1 83分 ロビン・クアイソン(マインツ)

【スターティングメンバー】
ドルトムント(4-2-3-1)
ビュルキ;ヴォルフ(78分 ザガドゥ)、ヴァイグル、アカンジ、ディアロ;ヴィツェル、デラネイ;サンチョ、ロイス、ラーセン(72分 フィリップ);ゲッツェ(89分 トプラク)

マインツ(5-3-2)
ミュラー:ドナーティ、グバミン、ハック、ニアカテ、マルティン:ボエチウス、カンディ(46分 バク)、ラッツァ(82分 ウジャー);マテタ(56分 クアイソン)、オニシウォ

【関連記事】
香川真司に“禁断の移籍”浮上?…シャルケとレヴァークーゼンが今夏にオファーか
ドルトムントの14歳FWムココ、ナイキと異例の超大型契約を締結か
宇佐美所属の昇格組デュッセルドルフ、6試合残して1部残留が決定
復帰戦で同点弾アシスト!…大迫勇也「またピッチに立てたことが幸せ」
アーセナルが浅野の処遇に怒り? ハノーファーでの今季の起用はもう無しか

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです