メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

FC東京、鹿島に3発快勝で暫定も首位浮上! D・オリヴェイラが2得点で活躍

情報提供:サッカーキング

2ゴールを挙げたD・オリヴェイラ [写真]=兼子愼一郎
 明治安田生命J1リーグ第7節が14日に行われ、FC東京と鹿島アントラーズが対戦した。

 開始5分、早くもFC東京がチャンスを作り出す。左サイドからのクロスに対して永井謙佑が頭で合わせてゴール。貴重な先制点をチームにもたらした。

 16分、再びFC東京がゴールを演出。ディエゴ・オリヴェイラが縦パスを受けペナルティエリアの左側で切り返しマークを振り落とす。右足でボールをネットへと流し込み、追加点を決めた。

 さらに29分、D・オリヴェイラがまたも得点シーンに顔を出す。相手のミスからボールを奪い、中央からドリブル突破。最後はGKと1対1の状況になり、冷静にボールを蹴り込んで3点のリードを奪う。FC東京は3-0のスコアで試合を折り返す。

 対する鹿島も55分、反撃の姿勢を見せる。レオ・シルバが右足で鋭いカーブシュートを打ち、ボールがゴールに突き刺さる。1点を返し、スコアは3-1となった。

 試合はこのまま3-1で終了。勝利したFC東京は7戦連続無敗となり、暫定もリーグ首位に浮上した。一方の鹿島は開幕戦ぶりの黒星を記録することとなった。

 次節、FC東京は19日にアウェイでサンフレッチェ広島と灼熱の上位対決。一方の鹿島は20日にベガルタ仙台をホームで迎える。

【スコア】
FC東京 3-1 鹿島アントラーズ

【得点者】
1-0 5分 永井謙佑(FC東京)
2-0 16分 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)
3-0 29分 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)
3-1 55分 レオ・シルバ(鹿島アントラーズ)

【スターティングメンバー】
FC東京(4-2-2)
林彰洋;室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也;久保建英(68分 大森晃太郎)、橋本挙人、髙萩洋次郎、東慶悟;ディエゴ・オリヴェイラ(90+4分 岡崎慎)、永井謙佑(59分 ジャエル)

鹿島アントラーズ(4-4-2)
曽ヶ端準;小田逸稀(45分 三竿健斗)、犬飼智也、町田浩樹、安西幸輝;レアンドロ(46分 安部裕葵)、永木亮太、レオ・シルバ、土居聖真;セルジーニョ(71分 山口一真)、伊藤翔

【関連記事】
●上位対決は1-1のドローに…横浜FM、名古屋ともに決定機を決められず
●札幌が3試合ぶりの白星! 進藤亮佑が試合終了間際に決勝弾を叩き込む
●Jリーグが2・3月度のベストゴールを発表! J1は伊藤翔の“アンリ彷彿弾”
●2月・3月のJ1月間MVPは藤本憲明…大分の上位躍進に大きく貢献
●今季からJに新設された「月間優秀監督賞」…初代受賞者は名古屋の風間監督

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです