メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

DFバルザーリ、今季限りでの現役引退を発表「6月に引退することを決めた」

情報提供:サッカーキング

現役引退を発表したバルザーリ [写真]=Getty Images
 ユヴェントスの元イタリア代表DFアンドレア・バルザーリが、先発出場したセリエA第32節SPAL戦後、今シーズン限りでの現役引退を発表した。

 1981年5月生まれで来月38歳を迎えるバルザーリは、ロンディネッラで守備的MFとしてキャリアを開始した。その後2001年に加入したアスコリでセンターバックへコンバートされると才能を開花させ、キエーヴォを経て加入したパレルモ時代の2004年にはイタリア代表デビューも果たした。その後ヴォルフスブルクへ移籍し、長谷部誠らとともにブンデスリーガ制覇も経験している。

 2011年1月にユヴェントスへ完全移籍。翌シーズンにアントニオ・コンテ氏が監督に就任すると、不動のセンターバックの1人としてセリエA優勝に大きく貢献し、同シーズンから継続中の7連覇を経験した。これまでのキャリアでセリエAでは通算376試合、イタリア代表としても通算74試合の出場を記録している。

 現役引退に際してバルザーリはクラブの公式サイト上で以下のようにコメントを発表し、心境を語っている。

「サッカー選手にとって引退後のことを考えるのは難しいけど、今季の怪我はそれを理解する助けになった。6月に引退することを決めたよ。次に何をするかは、これから決めないといけない。サッカー界のいくつかのアイディアに惹かれているけど、ゆっくり決断するさ。何に興味があるか、何をうまくできるかを理解しないといけないね。サッカー選手は子供の頃の夢だった。同じような情熱を傾けられる何かを見つけたい」

 また1-2の逆転負けを許して、8連覇を決めることができなかったSPAL戦については以下のように語った。

「特に前半はいい試合をしていたので、今日優勝を決めたかった。後半の序盤に少し苦しんだけど、その後持ち直すことができた。残念だね。このチームではみんなが成長したいと思っている。若い選手たちには経験豊富な選手たちからアドバイスを受け、常にプレーの改善を心がけるように言っているんだ」

【関連記事】
●若手起用のユーヴェ、SPALに後半逆転負けで今季2敗目…自力優勝を逃す
●アーセナル、PSGの若手MFエンクンクに関心…冬季移籍市場での交渉は破談
●来季契約満了のエリクセン、伊移籍が実現か…インテルが獲得に関心
●アーセナル指揮官、今夏退団のラムジーに言及「彼との時間を楽しみたい」
●ユーヴェ戦で得点の22歳ブラジル代表FW、プレミア移籍に近づく?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです