メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

マンU、大型補強へ…CEOはスールシャール監督に300億円弱の資金を提供へ

情報提供:サッカーキング

マンチェスター・Uのスールシャール監督 [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Uは今夏に大型補強を実施したいと考えているようだ。イギリス紙『エクスプレス』が13日に伝えている。

 同メディアによるとエド・ウッドワードCEOは「強いユナイテッド」を取り戻すために、オーレ・グンナー・スールシャール監督へ1度の移籍市場ではクラブ史上最高となる2億ポンド(約293億円)の資金を提供するつもりだという。

 スールシャール監督はアレックス・ファーガソン元監督時代の栄光を再現すべくイングランド国籍を持つ若手選手を望んでおり、ドルトムントFWジェイドン・サンチョやチェルシーFWカラム・ハドソン・オドイ、ウェストハムMFデクラン・ライスらに熱視線を注いでいるという。

 さらにやや脆弱さが見受けられるセンターバックにはナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリがメインターゲットとなっている。また、退団が噂されているスペイン人MFアンデル・エレーラの後釜としてはエヴァートンのセネガル代表MFイドリッサ・ゲイエに注目しているとのことだ。

 変革期を迎えているマンチェスター・Uはこの夏、どのような動きを見せるのだろうか。注目が集まるところだ。

【関連記事】
●プレミア最多直接対決…リヴァプール対チェルシーについて知っておきたい7つのこと
●マンU、ポグバのPK2発でウェストハム撃破! CL出場権争いは大混戦
●来季契約満了のエリクセン、伊移籍が実現か…インテルが獲得に関心
●「完全にウソ」…クロースがスペイン紙のレアル退団報道を否定
●ユーヴェ戦で得点の22歳ブラジル代表FW、プレミア移籍に近づく?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外
  5. 札幌女児死亡 道警面会に児相同行断る 「行くべきだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです