メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

小林&堂安先発の日本人対決はドローに…板倉はベンチ入りも出番なし

情報提供:サッカーキング

ヘーレンフェーンとフローニンゲンが対戦した [写真]=Getty Images
 オランダ・エールディビジ第31節が14日に行われ、小林祐希が所属する10位ヘーレンフェーンと、堂安律と板倉滉が所属する9位フローニンゲンとが対戦した。なお、小林と堂安はスタメンに名を連ね、板倉はベンチ入りしている。

 38分、左サイドからルーカス・ヴァウデンベルフがゴール前にボールを送ると、中央で反応したペレ・ファン・アメルスフールトが合わせ、ヘーレンフェーンが先制に成功する。

 追いつきたいフローニンゲンは52分、堂安に替えてポール・グラドンを投入する。するとそのグラドンが投入から61分、豪快な同点弾を叩き込んでスコアを1-1とした。

 その後両チームともに得点はなく、1-1のドローでタイムアップとなった。なお小林は79分まで出場し、板倉は出番がなかった。

【スコア】
ヘーレンフェーン 1ー1 フローニンゲン

【得点者】
38分 1-0 ペレ・ファン・アメルスフールト(ヘーレンフェーン)
61分 1-1 ポール・グラドン(フローニンゲン)

【関連記事】
●DFバルザーリ、今季限りでの現役引退を発表「6月に引退することを決めた」
●FW田場ディエゴ、YS横浜へ加入決定「地元神奈川でプレーできる喜び」
●アーセナル指揮官、今夏退団のラムジーに言及「彼との時間を楽しみたい」
●CL初ゴールから12年…C・ロナウドの得点記録を振り返る
●ラモス瑠偉氏、古巣の東京Vに09年以来となる復帰…アドバイザーに就任

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです