メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

良貨か悪貨か=永山悦子

 新元号に関する有識者懇談会に参加後、山中伸弥・京都大iPS細胞研究所長が「iPS細胞(による再生医療)を令和の時代に完成させ、患者に届けたい」と話したと聞いた。一方、国内では既に、再生医療治療が約3500件も提供されている実態はあまり知られていない。主に、歯周病やインプラントなどの歯科治療だ。

 これらは、研究実施側が費用を負担してデータを集める臨床研究などと違って、患者が全額負担する自由診療。患者は「科学的な根拠が十分にない治療」に大枚をはたいている。それについて順天堂大のチームが先月、歯科での自由診療の再生医療を検証する臨床研究を実施すると明らかにした。

 日本は5年前、再生医療を推進するため、再生医療安全性確保法などの法律を施行した。背景に、自由診療に…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです