メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

皐月賞 サートゥルナーリアV

 中央競馬のクラシック3冠第1戦、第79回皐月賞(G1)は14日、中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝1番人気のサートゥルナーリアが1分58秒1で優勝し、賞金1億1000万円を獲得した。昨年6月のデビュー以来4戦全勝で、2005年のディープインパクト以来、14年ぶりに無敗のままの皐月賞制覇を達成した。クリストフ・ルメール騎手は皐月賞初勝利、角居勝彦調教師は2勝目。

 サートゥルナーリアは馬群のやや前寄りの好位置をリズム良く進み、直線で先行した2頭との激しい競り合い…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです