メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

春季リーグ 慶大が勝ち点1

 春季リーグは14日、神宮球場で第1週の2回戦2試合が行われ、慶大と法大が連勝で勝ち点1を獲得した。慶大は中村(4年・中京大中京)が一回に先制2ランを放つなど4打点と活躍し、立大に快勝。法大は4本塁打を含む17安打18得点で東大を圧倒した。

 (2)慶大2勝

立大 001000000=1

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文303文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  4. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  5. 陸上イージス・アショア問題「泥沼」 防衛省の調査ミス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです