メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年

亡き母へ「サクラサク」 大津町の43歳、息子の成長報告

桜の下で制服姿の郁斗さん(右)と語らう嶋崎さん=熊本県大津町で2019年4月5日、中里顕撮影

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で273人が亡くなった熊本地震から3年となった14日、熊本県庁(熊本市中央区)で県主催の犠牲者追悼式があった。遺族ら345人が参列。蒲島郁夫知事は、仮設住宅や自治体が民間の賃貸物件を借り上げるみなし仮設住宅などで3月末現在も7304世帯1万6519人が暮らす現状に触れ「お一人お一人の気持ちに寄り添い、全ての方が恒久的な住まいを確保できるよう全力で取り組む」と述べた。【中里顕、城島勇人】

 「母ちゃん、郁斗が高校に受かったよ」。2016年4月の熊本地震で母里美さん(当時64歳)を亡くした…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです