メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性婚

原告「家族と認めて」 国は争う姿勢 東京地裁弁論

 同性が法律婚できない現行制度は「婚姻の自由」などを定めた憲法に違反するとして、同性カップル6組が精神的慰謝料として国に1人当たり100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(田中寛明裁判長)で開かれた。国側は争う姿勢を示したが、詳しい主張は次回以降に持ち越した。

 今年2月、東京のほか、札幌、名古屋、大阪の計4地裁に計13組が一斉提訴。東京訴訟が初めての審理開始となった。

 この日の法廷では、原告2人が意見陳述した。パートナーと15年同居する佐藤郁夫さん(60)は「30代…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです