メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

波のまにまに

看板が下ろされて=戸田栄

 昨年末からこの春にかけて、父と息子の働いた会社が、どちらも長く親しまれてきた看板を下ろした。父の勤め先は生命保険業界の再編で何年か前に業界大手に経営統合されたが、ついに社名を変えた。息子が記者をしていた新聞は廃刊に。あんなこと、こんなことと、多くの人がそれとなく家族から仕事の話を聞き、職場などにも親近感があるだろう。少なからぬ喪失感に、私はとらわれた。

 老齢の父の退職は、もう30年も前で現実的な影響はない。経営統合後も元の社名を残していたから、私とし…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです