メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

後半戦告示 大阪の寝屋川・池田の2市長選、世襲も争点 有権者どう判断

候補者の演説に耳を傾ける有権者ら=大阪府内で2019年4月14日午前、幾島健太郎撮影

 統一地方選の後半戦が14日告示され、各地で論戦が始まった。大阪府寝屋川市や池田市では、現職が、息子や旧知の議員にポストを譲ろうとする形で市長選が実施される。大阪府知事・大阪市長のダブル選では、知事と市長が入れ替わって立候補することに批判も上がったが、こうした手法の是非も選挙戦では問われそうだ。

 保守系の一騎打ちとなった大阪府寝屋川市長選。無所属新人の広瀬慶輔氏(48)の第一声に姿を見せた北川法夫市長(70)は「若い力に頑張っていただきたいと思い、市長選には出ずに広瀬君にお願いしました」とエールを送った。

 昨年末に一度は再選出馬を表明したが、先月になって断念した。実弟の北川知克副環境相の急逝に伴う衆院1…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです