メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

後半戦告示 大阪の寝屋川・池田の2市長選、世襲も争点 有権者どう判断

候補者の演説に耳を傾ける有権者ら=大阪府内で2019年4月14日午前、幾島健太郎撮影

 統一地方選の後半戦が14日告示され、各地で論戦が始まった。大阪府寝屋川市や池田市では、現職が、息子や旧知の議員にポストを譲ろうとする形で市長選が実施される。大阪府知事・大阪市長のダブル選では、知事と市長が入れ替わって立候補することに批判も上がったが、こうした手法の是非も選挙戦では問われそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです