特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震3年

古里復興「生きる希望」 キャンドル見つめ、各地で追悼式

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 観測史上初めて最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で273人が亡くなった熊本地震から3年となった14日、熊本県庁(熊本市中央区)で県主催の犠牲者追悼式があった。震度7を観測した同県益城(ましき)町では同日夜にキャンドルや竹灯籠(とうろう)がともされ、発生時間に合わせて住民らが黙とうした。被災地では、犠牲者の冥福と一日も早い復興を祈る時間が流れた。

 県主催の追悼式には遺族ら345人が参列した。蒲島郁夫知事は、仮設住宅や自治体が民間の賃貸物件を借り上げるみなし仮設住宅などで3月末現在も7304世帯1万6519人が暮らす現状に触れ「お一人お一人の気持ちに寄り添い、全ての方が恒久的な住まいを確保できるよう全力で取り組む」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1295文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集