特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

熊本地震3年

東海大で追悼 南阿蘇

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2度の最大震度7を観測した熊本地震から3年の14日、熊本県内の被災地では、犠牲者の生前を知る人たちが在りし日をしのんだ。

 2度目の最大震度7を観測した2016年4月16日の本震で複数のアパートが倒壊し、東海大阿蘇キャンパスの学生だった脇志朋弥(しほみ)さん(当時21歳)と大野睦(りく)さん(同20歳)、清田啓介さん(同18歳)が亡くなった熊本県南阿蘇村では、朝から後輩の学生らがアパート跡に花を手向けた。

 同大4年の茨木信人(まさと)さん(21)は母洋美さん(58)と共に手を合わせ、先輩たちを悼んだ。特に顔見知りだった大野さんには入学したばかりの頃、優しく接してくれたことに感謝し、卒業後は九州で就職して復興に貢献する決意を伝えたという。洋美さんは「子を持つ親として、ご遺族の悲しみは痛いほど分かる。地震を風化させてはいけない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文579文字)

【熊本地震】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集