メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証4カ月ぶり2万2000円台 終値は298円高の2万2169円

東京証券取引所=共同

 週明け15日の東京株式市場は、米中景気の先行きへの期待感から買い注文が膨らみ、日経平均株価(225種)は大幅続伸して今年の最高値を更新した。終値は前週末比298円55銭高の2万2169円11銭。取引時間中を含め、2万2000円台に達したのは約4カ月ぶりとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は22.53ポイント高の1627.93。出来高は約12億2500万株。

 前週末の米国株が金融機関の好業績を背景に上昇したほか、中国の経済指標復調が意識され、追い風となった。15日の平均株価は取引開始直後から2万2000円を上回って推移し、上げ幅は一時340円を超えた。(共同)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです