メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドコモが新料金プラン発表 「ギガホ」「ギガライト」最大4割安く

携帯電話の新料金プランを発表するNTTドコモの吉沢和弘社長=東京都千代田区で2019年4月15日午後3時27分、佐々木順一撮影

 NTTドコモは15日、スマートフォンの端末代金を通信料金に組み込まない「端末分離型」の新料金プランを発表した。6月から適用し、データを使い放題のプランと従量制のプランの2種類に絞った。最大で現行より約4割安くなるという。KDDI(au)やソフトバンクも必要があれば対抗措置に踏み切る構えで、10月に参入する楽天も含めた各社の競争が一層激化しそうだ。

 2プランは、月30ギガまでデータが使い放題の「ギガホ」(月6980円、いずれも税抜き)▽使ったデータ量に従って料金が段階的に上がる「ギガライト」(月2980~5980円)。いずれも音声通話とセットになっている。15日に東京都内で記者会見した吉沢和弘社長は「これまでは料金の組み合わせが多岐にわたり、理解していただくのが難しかった。新プランはシンプルでお得になる」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. ヤングケアラー~幼き介護 埼玉の高校生20人に1人が家族介護 大阪でも同傾向 半数超が中学以前から

  4. 「クラクションに腹が立った」 あおり運転の疑いで中学校教諭を書類送検 兵庫

  5. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです